家作りの第一歩はココから!

敷地と道路の関係

住宅を建てるとき、その敷地は建築基準法で定められた幅4m以上の道路に2m以上接していなければならないという決まりがあります。

 

敷地に接する道路が建築基準法上の道路であるかどうかを確認しておく必要があるでしょう。一見、建築基準法上の道路であるように見えても、基準を満たしていない場合があります。その土地を扱っている業者や地主、あるいは役所で確認することが必要です。

 

幅4m未満の「狭あい道路」の場合、家を建てられないことがありますが、全く不可能というわけではありません。そういう場合、狭あい道路の中心線から2m以上「セットバック」して建物を建てます。セットバックとは、敷地内に道路の部分を確保し、敷地の境界線を敷地側に後退させることを指します。

 

セットバックした部分の敷地は、土地の所有権はありますが、建物や塀を設置することはできません。また、セットバック分は敷地面積から除外され、除外された面積から建物の建ぺい率や容量率は割り出されます。

 

道路を挟んで敷地があるなら、道路の両側の敷地で均等に2mずつセットバックは行われます。道路を挟んだ向かい側が川や崖などの場合は、向かい側の道路境界線から4mの線まで敷地を後退させることになります。こうなると、建ぺい率などがさらに小さくなりますから、土地を購入するときにそういった条件にはまっていないか確認するとよいでしょう。

 

こういった狭あい道路に面して住宅が並んでいる場合、住人どうしが協力して4m道路を実現することができれば、再建築が可能な土地となり資産価値は高まります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市