家作りの第一歩はココから!

用途地域

用途地域とは、建物の用途や大きさ、形態などを指定するものです。市街化区域では、将来的にどのような街並にするかによって用途地域が定められています。

 

用途地域は12の地域に分類され、それらは第一種住居専用地域・準住居地域(住居系)、近隣商業地域・商業地・(商業系)、準工業地域・工業専用地域(工業系)と三分されます。この三つのうち、住宅を建てられないのは工業系の地域です。

 

住宅系の用途地域としては、第一種低層・第二種低層・第一種中高層・第二種中高層・第一種専用・第二種専用・準住居の各地域があります。

 

第一種低層と第二種低層は低層住宅のための地域で、低層住宅のほか指定された規模の店などや小中学校が建てられます。

 

第一種中高層と第二種中高層は中高層住宅のための地域で、そのほかに病院や大学、指定された規模の店などが建てられます。

 

第一種専用地域は住居の環境を守る地域とされており、3000平米までの店舗やホテルなどが建てられます。

 

第二種専用地域は主に住居の環境を守るための地域で、店舗やホテル、カラオケボックスなどが建てられます。

 

準住居地域は、道路の沿線で自動車関連施設などがあり、それと調和した住居環境を守る地域とされています。

 

商業系としては、近隣商業地域・商業地域があります。近隣商業地域は、周辺住民が買い物をするための地域であり、住宅、店舗、小規模の工場が建てられます。商業地域は、百貨店、銀行、映画館などがある地域になります。これらの商業系の地域にも住宅は建てられますが、騒音などがあることは頭に置いておくとよいでしょう。

 

用途地域ごとに建物の建ぺい率や容積率、高さが決められています。購入する土地の用途地域に従って建物の条件がある程度制限されてきますから、事前に調べておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市