家作りの第一歩はココから!

古民家などのリフォーム

古民家とは、建築されてから何年もたった家のことを言い、築60年以上の家や戦前以前に建てられた家を指すことが多いようです。釘を使わず、植物(木、竹、草など)や石、土などの自然の素材を組み合わせて作られています。材料の特性をうまく使い分けて、合理的で耐久性が上がるように工夫されており、近年になりその価値が見直されてきています。

 

また古民家の年数を経た味わいに心ひかれる人たちも増えてきているようです。

 

古民家を暮らしやすいようにリフォームしようという試みは最近になって増えており、古民家を紹介したりリフォームの相談にのってくれたりするところも、インターネットの検索で探すことができます。

 

実際に古民家をリフォームしようというとき、特に配慮されるのは寒さ対策や明るさの確保が多いようです。リフォームでは、断熱材や二重サッシなどを活用して、快適に過ごせるような工夫を行っています。明るさについては、元々日本の家屋は、夏の暑さをしのげるよう屋根の傾斜を強くしているものも多く、その分室内は暗くなりがちな構造になっていました。ガラス素材を使うなど光を通す工夫をすることで、明るさを確保できる工夫があります。

 

古民家の再生では、民家を解体して他の場所に移して立て直す方法もあります。この方法の場合、解体から工事までかなり費用がかかることになります。リフォームの場合、基礎に問題がなければ、部分的に解体・工事を行っていくことになるので、費用は安く抑えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市